映画感想

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ネタバレ感想

映画公開初日、無事ネタバレを踏むことなく鑑賞することに成功しました。当日はネタバレが怖すぎて、Twitterの「アベンジャーズ」「ルッソ兄弟」「IW」といったワードを片っ端からミュートした上、作品に言及してそうなアカウントもことごとくミュートして、…

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』感想 ピングドラムとグレンラガンの間に

15日深夜に見てきました。前作『フォースの覚醒』は徹頭徹尾ウェルメイドで、それはそれで良かったけど、今回は一転して歪にとがっている印象。 深夜1時に満員のTOHOシネマズ新宿 前作を初期3部作に寄せた空気感で再構築したJ・J・エイブラムスの手腕は素晴…

『メアリと魔女の花』感想 本当に“いらない”のか? 大きな主語に違和感を覚えたという話

「大丈夫。“ここ”ではあなたは、もともとそういう顔なのです。あなたの声やスタイル、それから細かいことを言えば指紋などもおそらくほんの少しだけ変化している。しかし“ここ”は、もともとあなたがそういう特徴をもつ人間だった世界なのです。厳密に言えば…

『夜明け告げるルーのうた』ネタバレ感想 情緒不安定の裏側

2回観てきました。オープニングとラストのクライマックスがあまりに素晴らしい。 作品内容がそうであるように主人公・カイが情緒不安定気味ですが、2回目でやっと感情の流れが多少整理できた気がします。「みんな - わたし - あなた」の距離感を、裏主人公と…

『レッドタートル』の安直な感想 人生という冒険は続く

『レッドタートル ある島の物語』を見てきました。予告編がネタバレに配慮した内容となっているので、作中のある出来事にとても驚きました。そこを起点にストーリーが一気に把握できた気がして、アハ体験的な気持ちよさがあった。あと蟹が可愛かった。 以下…

『君の名は。』感想 夢の残骸の眼差し

『君の名は。』観てきました。隣に座ってたペアが30秒おきに喋るので、耐え切れずに10分で劇場を出て、その足で別の劇場に向かい観てきました。『シン・ゴジラ』(3回目)を品川IMAXで鑑賞した際には、隣に座ってた女性がゴジラが登場するたびに猫ひろしの「…

『シン・ゴジラ』ネタバレ感想 まさかの超高濃度庵野秀明

TOHOシネマズ新宿にて、7月29日午前1時上映の『シン・ゴジラ』を観てきました。 ロビーにスタッフサイン入りポスターが。左下にお馴染みの庵野監督サイン まずネタバレを書くと、本作は映像の編集があまりにも庵野印でした。これが最大のネタバレと言っても…

『ガルム・ウォーズ』初日舞台挨拶行ってきた 押井監督次回作はIG制作のアニメ映画?

『ガルム・ウォーズ』をTOHOシネマズ六本木で観てきました。初日舞台挨拶付き。押井監督を初めて生で見れて嬉しかったです(厳密には『攻殻2.0』を劇場で観た際、直前の上映に押井監督が舞台挨拶で来ていて、廊下の遠くの方を歩いていくのを見たことはあった…

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』感想 たのしいザック・イン・ワンダーランドに飛び込もう

めくるめくザック・イン・ワンダーランドで最高でした。ヒーロー映画でこれだけ楽しめたのはノーランバットマンぶり。以下、ネタバレ感想。 「ジャスティスの誕生」というタイトルを具現化したような冒頭&ラストシーンがとにかく最高でした。 まず冒頭の詩…

『リトルプリンス 星の王子さまと私』感想 王子くんに会えたあかし

めちゃくちゃ良かったです。終盤で少女が家をぬけ出してからの展開の素晴らしさに比べると、中盤までが比較的平凡ですが、ラストが素晴らし過ぎました。 わりと思い入れのある原作だったので、オリジナル要素が入るのは若干不安でしたが、原作を活かしつつ新…

映画『ハーモニー』感想:なかむら監督版として好意的に見れる部分もある

ところどころ意欲的なだけに、勿体無い映画だと思いました。致命的と感じたのが、ミァハとトァンが痛い中二病患者にしか見えなかったこと。 原作では社会システムの不条理さが皮肉交じりに描写されますが、映画版ではそれが影を潜めているため、彼女らの社会…

『UFO学園の秘密 Part0』感想:『仏陀再誕』ほどではない

公開初日にユナイテッドシネマとしまえんで観てきました。 ・『仏陀再誕』や『ファイナルジャッジメント』のときは映画館前に来ていたハピネス・リアリゼーション・パーティの選挙カーが今回は見られず残念。 ・今作は山奥の全寮制の高校が舞台。『金田一少…

細田守は嘘をつく:『おおかみこどもの雨と雪』感想

『バケモノの子』があまりに『サマーウォーズ』で感じたガッカリを思い起こさせる内容だったため、3年ぶりに観た『おおかみこどもの雨と雪』の感想を書く。『おおかみこども』は『サマーウォーズ』や『バケモノの子』に比べ、話の筋がすっきりまとまっている…

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』感想。作劇は終わってたけど楽しめました

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を観てまいりました。 ネタバレ感想ですので、本編未見でまっさらな状態でご覧になりたい方はご注意ください。 前作『神と神』はお気に入りで、劇場に2度観に行ったほどだったのですが、今回は話運びが酷いですね。前日に知…

『まどか』叛逆の物語 感想

観てきました。面白かったですねー! 僕が行ってきた新宿バルトナインではメインキャストのサイン入りポスターが展示されてました。 過去何度か書いてると思いますが、僕は熱心な『まどか』ファンではありません。同時期に放送されていた『フラクタル』や『…

“やり直す系アニメ”の系譜 - 勝つまで槍る!『ヱヴァQ』から『安堂ロイド』まで

“やり直す系アニメ”の激増 ― 『ヱヴァQ』、『ハーロック』、『009』、『ガッチャマンクラウズ』 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』以降、「やり直す」ことを物語の主軸に組み込んだアニメが増加の一途をたどっている。*1 『ヱヴァQ』では主人公・シンジは過去…

『マン・オブ・スティール』感想

公開日に『マン・オブ・スティール』をIMAX3Dで観てきた。今年観た映画の中でぶっちぎりの興奮!!以下ネタバレ感想。 ■ハリウッドが背動的なものを頑張るとこうなる とにかく映像的な満足度の高い作品だった。特に終盤のアクションは口をあんぐりしてしまう…

『風立ちぬ』感想 飛ぶシーンが怖かった

ネタバレしてるので未見の方はご注意を。 『風立ちぬ』。まず声。庵野さんの声が非情に良かったです。主役の二郎は少年期の声優さんがとても良かったので、声が切り替わった直後は流石に違和感がありましたが。しかしサバの骨のシーンでは思わずうなりました…

『ドラゴンボールZ 神と神』文句差し挟む隙無し

本日観てきました。リアルタイムで追っていたわけではないとはいえ、ドラゴンボールが幼少期のバイブルでしたから、観ないわけにはいかないのです。 観客は大なり小なりこれまでドラゴンボールに親しんだことのある人が殆どでしょうから、残念な内容の場合、…

「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」 エンジョイ&エキサイティングな感想

「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」観ました。R18指定版しか観ていないので、R15指定版がどうなってるかは知りません。 どう料理してもファンから悪口が飛んでくるであろう企画を、4℃はよく逃げずに作りきったものだと思います。触を正面から描いてやろうと…

劇場版『ハンターハンター』感想 目に見えた地雷を踏む勇気

ネタバレありの感想。 突然だけど、『コロッケ!』というマンガをご存知だろうか。コロッケ! (1) (コロコロドラゴンコミックス)作者: 樫本学ヴ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2001/08メディア: コミック クリック: 77回この商品を含むブログ (2件) を見るコ…

ゴティックメード、なんて美しい映画・・・。

先日永野護監督の『ゴティックメード』を観てきました。 公式サイト: GOTHICMADE なんとも風変わりなアニメーションでした。決してアクションでゴリゴリ魅せるタイプの映画ではなく、あくまで静かな展開が主。キャラの表情や動きが独得で、異国情緒溢れてい…

『エヴァQ』はなぜ「つまらない」のか

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』におけるシンジ像がいかに画期的であるかは初日にアップした感想で書いた通りである。しかしこのおかげで、『Q』はあまりに「つまらない」映画となってしまっている。 参考:『ヱヴァQ』感想 シンジ君は『Q』で底を打ちまし…

『エヴァ』テレビ版〜旧劇場版/『新劇場版:Q』全感想目次

本編感想エントリー、その数実に30!総文字数8万文字オーバー! 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開までの一ヶ月間ひたすらエヴァ感想を書き続けてきたので、その目次的なものを残しておきます。テレビ版全話+旧劇場版+新劇場版『Q』感想と続きます。■テレ…

神山版『009』感想:「お客様は神様です」

※途中から本編知識前提のネタバレ感想になりますが、ネタバレの前に注記してあります 公式サイト:PH9 神山健治監督作品(最新作『009 RE-CYBORG』) 本日『009 RE:CYBORG』を見てきた。実は先月の19日に先行上映で一度見ていたので、見るのはこれが二回目。…

映画『アルゴ』感想 映画の虚構性と真実味

映画通っぽい人がことごとく褒めてたので、ほいほい『アルゴ』を見てきた。 ※今回は途中からネタバレ感想になりますが、ネタバレ前に注記してあります。 これは確かに面白い!しょっぱなから手に汗握るサスペンス!最初のシークエンスの「やべぇよ…やべぇよ……

『神秘の法』感想:『まどかマギカ』に興行収入で勝つだけはある面白さだった(迫真)

今回も過去の作品に恥じぬ素晴らしい面白さだった。 参考 『ファイナル・ジャッジメント』を100倍楽しむ方法 - さめたパスタとぬるいコーラ 『ファイナル・ジャッジメント』サイコー!(布教) - さめたパスタとぬるいコーラ 『ファイナル・ジャッジメント』…

映画『アシュラ』がとても良かった

『アシュラ』、忍之閻魔帳さんが絶賛されてるのを見て、先週末映画館に行ってきました。 この映画を既存のアニメで例えるなら 「墓場鬼太郎」なテイストで「おまえうまそうだな」に匹敵する命の大切さを描き 「MIND GAME」級のインパクトを与えてくれる作品…

『プロメテウス』感想:でかくて迫力あるなぁ、IMAXだもの みつを

普通にネタバレを含みますので本編をご覧になってない方はご注意を。 プロメテウスはビジュアルが圧倒的に凄かったです。デカイことは正義。わざわざIMAX3Dで観に行って正解でした。陰影の効いた映像で、流石リドリー・スコットといったところでしょうか。 …

プロメテウスとアベンジャーズざっくり感想ネタバレなし

二日連続で映画館へ。 ラインナップ 1日目→プロメテウス 2日目→アベンジャーズ、ダークナイトライジング(四回目) 全部IMAXでの鑑賞。胃もたれするっつーの!w プロメテウスとアベンジャーズはダークナイトライジング以外ではこの夏屈指の期待度だったんで…