鶴巻和哉

『龍の歯医者』前後編感想 龍と歯医者って感じじゃなくて

BSプレミアムで放送された『龍の歯医者』。人間の力ではどうにもならないように見える超自然現象を前に、それでもやりたいこととやるべきことをやろうともがく登場人物たちに胸打たれました。舞城王太郎が原案ですが、共同脚本の榎戸洋司作品の「いつか訪れ…

「『フリクリ』+2」オールナイトイベントに行ってきた

5年ぶりの『フリクリ』オールナイトイベント「『フリクリ』+2」に行ってきました。 こちらは入場者プレゼントのポストカード。ロビーの展示コーナーには関連グッズの他に、DVDboxのブックレットに掲載された今石さんのパラパラマンガや、制作発表時「月刊マ…

アニメーター見本市『I can Friday by day!』感想:通信兵は何に涙したのか

アニメーター見本市の『I can Friday by day!』が公開されました。監督が鶴巻さん、原案・脚本がウエダハジメさん、キャラ原案に竹さん、キャラデ作監にすしおさん。なんだこの豪華スタッフ。キャラクターや小物のデザイン、メカニック、質感、色味、どこを…

アンノファイト!「庵野秀明の世界 アニメーター・庵野秀明」レポ

東京国際映画祭で行われた「庵野秀明の世界 アニメーター・庵野秀明」の抽選に当たり、ウキウキで行ってきたのでレポ。 入場時には初号機がお出迎え。 でかい庵野監督ポスターがあって吹く。 お馴染み、庵野さんのキングのサイン。 今回の企画「アニメーター…

『安堂ロイド』わりと楽しみ

スタジオカラーの庵野さん、鶴巻さん、前田さんが設定協力という形でキムタクが主演のドラマに参加することが先日電撃発表されました。 ・日曜劇場『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』|TBSテレビ 公式ホームページには既にあらすじも掲載されています。 だ…

「蒼きウル 凍結資料集」を手に入れた

『蒼きウル』の再始動が伝えられてすぐ、「凍結資料集」をAmazonのマーケットプレイスで購入した。僕はそのとき5千円で手に入れたが、現在見事に3万円近い値段となってしまっている。しかもネット上ではAmazon以外で取り扱っているショップが見当たらない。…

『エヴァQ』感想 榎戸ガジェットとしてのグラサン

世間的にはクリスマスですが、そんなこと気にせず今日もエヴァの感想書きます。 前回ゲンドウのグラサンについて色々書きました。 『エヴァQ』感想 逆襲のゲンドウ、グラサンの秘密 - さめたパスタとぬるいコーラ 超平たく言えば、『Q』には“キャラが「大人…

『エヴァQ』感想 逆襲のゲンドウ、グラサンの秘密

『シン』の展開予想には様々なものがありますが、中でも有力なのが「ゲンドウラスボス説」ではないかと思います。『Q』ではシンジ、カヲル、ヴィレの面々がこぞって挫折していく中、ゲンドウだけが「シナリオ通り」と不敵な態度を崩しませんでした。ゲンドウ…

『エヴァ』テレビ版〜旧劇場版/『新劇場版:Q』全感想目次

本編感想エントリー、その数実に30!総文字数8万文字オーバー! 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開までの一ヶ月間ひたすらエヴァ感想を書き続けてきたので、その目次的なものを残しておきます。テレビ版全話+旧劇場版+新劇場版『Q』感想と続きます。■テレ…

『エヴァ』テレビ版感想:19話 『エヴァ』を貫くテーゼ

今回は ・ 鶴巻監督が暴露するテレビ版シンジの隠された構造 ・ テレビ版と新劇場版におけるシンジの違い の話に絞った感想。 第19話、「男の戦い」 ■みんな摩砂雪に騙されていた? 19話「男の戦い」におけるシンジの思考は独得だが、そこで大きな参考となる…

フリクリフリクラフリクリフリクラ〜♪

フリクリ小説版読み終えました〜。裏設定は期待していたほど出てきませんでしたが、終始芯の通った話運びで楽しく読むことができました。アニメだと絵がハチャメチャ過ぎるので忘れてしまいがちですが、ストーリーは真っ当なジュブナイルものなんですよね〜…

フリクリ?ふりくり?

flcl! アマゾンでフリクリのブルーレイボックスの予約開始されてますねー!知ってから光速でポチるの余裕でした(笑)以前から言っている通り僕はガイナ大好き人間なんですが、特に庵野さんと鶴巻さんは別格。スタンスとしては、自分は「庵野信者」であり、…