神山版『009』感想:「お客様は神様です」

※途中から本編知識前提のネタバレ感想になりますが、ネタバレの前に注記してあります
公式サイト:PH9 神山健治監督作品(最新作『009 RE-CYBORG』)


 
本日『009 RE:CYBORG』を見てきた。実は先月の19日に先行上映で一度見ていたので、見るのはこれが二回目。ぶっちゃけ主目的は本日より上映が開始された『エヴァQ』の新予告を見ることで、『009』に関しては初見では見落としていた部分、よく分からなかった部分を補うくらいの気持ちでいた。
エヴァQ』の新予告はこれまでの「ピアノ予告」や、おとなしい内容だった「ニコニコ動画版予告」の鬱憤を晴らしてくれる素晴らしいもので、あれを見終えた時点で今日の目的は半ば以上達成できたなと、非常に満足していた。が、どうやら僕は満足感の割合を見誤っていたようだ。思っていた以上に『009』は面白かった!
二度目の鑑賞だというのに「予想外に面白かった」というのはいささか変な話だが、とにかく二度目に観たときのほうが面白かったのだ。神山作品にはお馴染みの「水は低きに流れる」という命題に対する新たなアプローチも見られて、非常に充実した内容。これまでの集大成といっても過言ではないのではないか。
 
初見時の印象は可もなく不可もなく、といったものだった。ただ、それは予想していた内容とズレを感たためで、ある意味自分のせいでもあった。
映像に関しては確かに目を見張るものがある。全編3DCGということで、細かな表情の芝居などにはまだまだ改善の余地がありそうだったが、アクションはひたすら派手だし、凝ったカメラワークも3DCGならではだった。アクションのシチュエーションも盛りだくさんで、それだけを楽しみに観ても値段以上の満足感はあるのではないかと思う。3D映像の見せ方もかなり考えて作られてるし、まだ見ていないひとには是非3D版をおすすめしたい。フランソワーズは網タイツが素晴らしかったという感想をよく目にするが、歩くときにしっかり胸が揺れていた点も感動的だった。

 
神山版『009』の発表と同時に僕が思ったのは、神山健治が“009”をネタに、SAC風社会派アクションをやるつもりなんだな」「そして押井に3D映画の実験台として使われるんだな」といったことだった。これは前半部分に関しては当たっている部分もあるのだが、後半は外れだった。誤算だったのは、僕が原作の『サイボーグ009』をきちんと把握していなかったことと、先行上映で見た時点では本作の企画経緯を知ることができなかったことだ。
 
僕はアニメの平成版『009』はチラホラ見ていたが、原作の「天使編」、「神々の戦い編」についてあまり知らなかった。石ノ森章太郎がストーリーに天使やら神やらを登場させ、抽象的な展開にしていったため、色々行き詰まってしまったという程度は知っていたのだが。そして何よりも、先行上映の時点で知る由もなかった本作の企画経緯についてである。『009』は元々押井守が監督する予定だったようで、脚本は「押井のため」に、神山が執筆したものなのだそうだ。
アニメスタイル 002」でのインタビューによれば、神山は押井に宛てたラブレターのつもりで脚本を書き上げたそうなのだが、そうした神山の想いは伝わらず、押井は作家性追求のため「001は犬にしよう」、「フランソワーズは58歳にしよう」、「その他のサイボーグ戦士とギルモア博士は死んだことにしよう」等々、とてもではないがスポンサーが首を縦に振りそうにない代案を次々出してきた。そんなこんなで結局は神山が監督・脚本をつとめることとなったのだ。本作に「天使の化石」、「謎の少女」、「聖書の引用」等の押井風な要素が散りばめられているのはこうした経緯があったからのようだ。
 
では、こうした原作/押井的モチーフが本編にどう活かされているかというと、初見時、僕はてっきり「社会派アクション」的にキャッチーな部分を引き立てる「装飾的」な部分であると解釈した。本作の本質を、それなりに原作要素を入れることで原作ファンのご機嫌を伺いつつ、押井要素をオマージュ的に散りばめ、お得意の社会派アクションでそれっぽく見せるという程度であろうと。
全ては、「神山は押井の実験台にされている=この『009』は習作的意味合いがある=全力投球ではない」と、勝手に思っていたためだ。
結果からいうと、神山版『009』は紛れもない全力投球であり、僕の当初の思いこみはかなり失礼なものだったと言わざるをえない。神山監督ごめんなさい!
 
少しだけ言い訳をさせてもらうと、そうした思い込みをしていたのには、押井が『攻殻機動隊2.0』でやたらCGを使いたがっていたことが関係している。僕はあれを見て、押井は今回『009』で得られるであろうノウハウを活かし、言わば神山を踏み台にする形で『攻殻3』を作ることを目論んでいるのではないか?と、邪推してしまったのだ。企画経緯を見る限り、結局それは大はずれだった。
ただ面白いのが、押井版『009』が頓挫したことにより、元々「3D推進派」だった押井の考えが、「慎重派」側に傾いたきらいがあるらしいことだ。これは押井版が設定面だけでなく、演出面・技術面で3DCGならではの困難に直面していたことが関係している。その辺詳しくは「アニメスタイル」の神山インタビューなどで確認してもらうとして……。

押井監督は先日新作『ガルム戦記』が発表されましたね。15年ごしの映画化とは…。画像は『攻殻2.0』より。
『ガルム戦記』が“The Last Druid: Garm Wars”として復活。押井守が監督、英語の実写映画として制作 - 押井守 情報サイト 野良犬の塒

 
遠回りしたが、原作/押井的モチーフが何に活かされたについての話に戻る。
※そろそろネタバレのオンパレードなので、本編未見の方は気をつけてください
 
 
 
 
※ここからネタバレ※
改めて作品を観て、原作要素と押井風要素は攻殻2ndGIG』以来神山作品ではお馴染みである「水は低きに流れる」の問題と主人公島村ジョーを対峙させるための装置であるように感じた。社会派アクションを引き立たせるためのスパイスとかいうレベルではなく、全ては根幹のテーマに繋げるためだった。
作中で描かれるのは、「彼の声」により「スタンドアローンコンプレックス」っぽい事案が発生している世界だ。「彼の声」に従って行動する人々は「笑い男」のような青臭い正義ではなく、「人類は一旦滅ぼすべき」という、洒落にならない終末思想で動いている。そして「彼の声」を聞くための引き金となる(ことがある)のが、「天使の化石」だ。

 
前提となる知識の確認のため、一旦ここで「彼の声」と「天使の化石」について、パンフレットから監督の解説を引用させていただく。

神山 今回はまず宗教――というか、神という概念が生まれる過程を想定してみたんです。太古に突然変異で本当に翼を持った人物がいたのか、あるいはああいう格好をした人がいたのか、いずれにせよそういう存在がまずいて、それを崇めた人がいたのではないかと。そして天使が正義をなそうとして討ち死にした姿を見ることで、人々は人間には神が必要である、というメッセージを受け取った。それが神の概念を脳に宿らせることに繋がり、実はその概念を思いつくことができた脳こそが神自身ではないか、と。(中略)
「神」を内包する脳を持つことと、時にその神に異議申立てをする天使のような捨て石たらんとする存在が、互いが互いを生み出しながら続いていく、そういう連鎖こそ、「神」の求めた人間像なのではないか。言葉にするとチープにはなってしまうけれど、その連鎖の運動の中にこそ、今の時代における人類共通の「正義」というものが潜んでいるように思うんです。
 
パンフレット p.35

 
同内容については劇中で、神の誕生についてはハインリヒが、天使についてはフランソワーズがしっかりと台詞で言及している。初見では情報量が多くて混乱するかもしれないが、語られる内容は殆ど神山監督のインタビューそのままである。
 
映画のクライマックスにおいて、ジョー

ジョー 確かにヒトは集団として集まると堕落するが、一人ひとりは驚くべきポテンシャルを秘めている。その中でも俺達は超頑張ってるのに、そうした頑張りを無碍にしてしまうなんてあんまりじゃないか!神よ!(どかーん)
※曖昧な記憶に基づく乱暴な要約

 
と叫び、自己犠牲的な最期を遂げる。これについて、神山監督がそれはもう丁寧にネタバレ解説をしてくれているので、「アニメスタイル 002」から引用させていただく。
 

今までの理屈でいけば、自分の脳に語りかけているわけですよね。どこにもいない神様に対して語りかけている。ただ、やはりあれは映画として、お客さんに「こう考えてほしい」ということを登場人物のパフォーマンスを通して伝えるという構造になっている。だから、別に宇宙に神がいるわけでもないし、ジョーの訴えを聞いた神様が「分かった。お前の願いを聞いてやろう」と思ったわけでもない。しかも、その行為は大気圏外で行われていて、人類は誰ひとりとして彼が成した行為を知らない。ただ、誰も見ていなかったとしても、その思いや行動の尊さは伝播するはずだというか、映画ってそういうものを長年描いてきたメディアだと僕は思うんです。そういう思いを込めたクライマックスなんです。
アニメスタイル 002」p.27

アニメスタイル 002 (メディアパルムック)

アニメスタイル 002 (メディアパルムック)

 
このようにジョーは「神よ!」と地球に向かって叫ぶが、あそこでの「神」とは「脳内に宿る神」なので、実質独り言のようなものとも言えてしまう。しかしジョーは爆発に飲み込まれる直前、崇高な理念だけは何らかの形で伝播するはずだと信じてもいる。
「神」と呼ばれるものは、「=特定状況下に置かれれば誰の脳にでも宿り得る(正義にも悪にもなり得る)もの」である。よってジョーが語りかけているのは、
神=ジョーの脳内の神=正義が伝播した先にある神=(ジョーの眼下に広がる)地球に住む、将来「神」となる可能性のある人々(の脳)
であるとも言える。「地球に住む人々」というのには、将来的に生まれて来る人達も含めて良いのだろうか。どちらにせよ凄いスケールだ。
 
ここで活きるのが、「天使の化石」というガジェットである。「天使の化石」が「ホンモノ」であるかどうかの確たる証拠は無いが、劇中ではヒトはそれに準ずるものに出会った際、「彼の声」が聞こえるようになるとされている。宗教的な修行をつんでいたり、レーサーがゾーンに入った感覚や、サイボーグのようにチューンアップされた脳などを持ってさえいれば、「天使の化石」に準ずるものに触れたとき、条件が満たされたことになるというのだ。
繰り返しになるが、これはつまり、“全ての人々”に「彼の声」を聞く因子は備わっているということになる。
となると、ジョーの眼下に広がる生きとし生ける全ての人々」という、フィクションとしてはこれ以上無いほど広域に向けたメッセージに思えたものが、さらにメタなレイヤーを抜けて、劇場で映画を観ている観客にも向けられたものとして解釈できる。
神山監督はこれと殆ど同じ事をさきほど引用したインタビューにおいて、「あれは映画として、お客さんに「こう考えてほしい」ということを登場人物のパフォーマンスを通して伝えるという構造になっている。」と、物凄く要約して説明しているように思うのだが、やはりこれは言葉として聞かされるのと、映画として体感させられるのとではインパクトが違う。
僕は『攻殻機動隊SSS』は眠たかったし、『東のエデン』の劇場版2作品も好きではなく、神山監督はテレビシリーズなら面白いものが作れるが、面白い映画は撮れない人なのではないかと疑い始めていたので、今日はその疑念が晴れてとても嬉しい。
 
神山監督には「正義は伝播しない」し、「伝わっていくのは悪意だけ」という実感(「アニメスタイル 002」p.27)があるそうだ。この考えはまさしく『攻殻2ndGIG』の「人は低きに流れる」というクゼの台詞に現れている。だが、神山版『009』は
それでも「ヒーロー」をやろうとする者はいないのか!?
という勧誘だ。大の大人が真顔で「ヒーローになろう!」と、宇宙でダメ元で踊ってみせた。恥ずかしいほど実直な正義感だが、その度胸に乾杯!である。
 
 
ラストの「水の都」に関しては色々な解釈が有り得るだろう。
僕としては、『トップをねらえ!』の、「ごめんキミコ、もう逢えない!」/「ママ、どうしたの?」「え?……なんでもないのよ。ちょっとね、ノリコが呼んだような気がしたの」の場面を連想した。

トップをねらえ!』屈指の名シーン
 
すなわち、あれはゼロゼロナンバー達が「彼の声」を「正義」の側として解釈できた瞬間のことではないか、と感じたのだ。
「彼の声」をジョーが最終的に理想とした領域で感じ取ることができれば、脳内世界で邂逅できてしまうのではないか。そういえば『魔人探偵脳噛ネウロ』の「電人HAL編」のHALの最期もそんな感じだった。そのように解釈すれば、登場人物達は現実での生死に関係なくあの場に存在できる。
あの場面はジェット、グレートブリテン、ピュンマが「海」の側にいて、ギルモア博士達が砂浜の方にいるという彼岸的な生死感のモチーフで描かれ、最後にジェット達はギルモア博士達と何やら和解した形で、「海」から「砂浜」へと上陸する。皆そろってヒーロー精神を完璧に取り戻したという意味だろうか。正直その辺はぼんやりとした解釈しか持てていない。
デザイン面ではクリストファー・ノーランの『インセプション』からインスピレーションを受けているように感じた。

インセプション』の主人公と鬼嫁の脳内空間
 
神山健治は最近いくつかのインタビューで、「現在ノーランを最も理解できているのは自分だ!」みたいなことを言っており、『ダークナイト』、『ダークナイト・ライジング』に関しても、「正義は悪と違って伝播しにくい」という文脈で解釈し、「今、世界で一番語り合いたい相手はノーランですね」(「アニメスタイル 002」p.28)とか言っている。
 
神山監督は『攻殻SAC(1期)』が上手く行きかけていた時期に、「『イノセンス』のほうが儲かるんで^^」と、信頼していた制作者仲間が出ていってしまったのをずーっと精神的に引きずっているようで、それが『攻殻2ndGIG』の「水は低きに流れる」に直結するそうなのだが、この後ニヒリズムに行きそうなところを踏ん張るのが格好良い。
『009』ではそれが顕著で、「彼の声」によってテロを起す人達は、必ずしも「低きに流れている」わけではないのだ。衆愚が「低きに流れる」ことに絶望した人達が、「人類をリセットすべき」という「間違った正義」(と、ジョーは爆心地から脱出する際に確信している)に陥っているだけで、今作ではことさら「低きに流れる愚かな民衆」を描いて、ニヒリズムに浸っている様子が無いのだ。
ラストにダメ元で観客全員に語りかける姿勢もそうだが、これはある意味、人々全てを「ヒーローの因子を持つ者」として認めることでもある。そしてそれは、「分かる人にだけ分かれば良い」というような自己満足的と批判されそうな映画よりも、格段に前向きな姿勢に感じる。
「分からないかもしれないけど、とりあえず聞いてくれ」という、島本和彦的な暑苦しさ。熱血である。
 
最後に、ジョーとジェット(とグレートブリテンとピュンマ)の生死について触れたい。まあ、普通に考えれば全員死んじゃってるよね、ぶっちゃけ(笑)。少なくともジョーとジェットは助かる見込み無さそう。
グレートブリテンは調査中に「謎の少女(=天使)」を見て「彼の声」に目覚め、車の前に飛び出し無意識的自殺(?)を図っているし、ピュンマは新たな「天使の化石」を発見したことで「彼の声」を聞き、失踪してしまっている。ジェットは成層圏からバラバラになりながら地上に落ちていったし、ジョーに至っては核爆死……。
 
しかし元も子もないことを言えば、映画とは結局のところ虚構であり、監督を始めとするスタッフ方の脳みそから生み出されたものである。いくら設定に無理があろうと、製作側がGOを出せば続編は作れてしまう。よって、ラスト付近でフランソワーズは夜空に二筋の流れ星を見るが、我々観客があのお星様にお願いをするなり、ジョーや神山に共感して映画が(興行的に!)成功するなりすれば続編製作が決定して全員生き返るんじゃないかな!
これは決して投げやりに言っているのではなく、メタ的に考えればなんら矛盾は無い。今回の映画が共感を呼び、正義が観客へと伝播すれば(興行的成功がバロメーターw)、観客&監督&製作委員会の人達の脳は揺さぶられ、次回作は「水の都」のシーンのごとく「彼の声」がなんとかしてくれるはずだ。たぶん。
 
 
ここまで一方的に褒めまくってきたので、最期に一つだけ文句をつけたし、お茶を濁して終わる。
主人公の謎のガールフレンド・トモエについてはもう少し正体を分かりやすくするなり、マクガフィンとして上手に使うなりしてほしかった。正直2回見てもフランソワーズが作り出してくれた幻覚だったというのは分かりにくかった。初見時はトモエの姿だけガラスに反射してない演出などには全く気づかず、普通に混乱した。不自然にカメラに映らないことが多かったのにはなんとなく違和感を感じたが、せめてもう少し早くフォローを入れて欲しかった。僕が親切な誘導に気づけず、勝手に混乱していただけということも考えられるが。……いや、あれは分かりにくいだろう!w
 
 
そんなわけで、感想は以上。極限まで圧縮して要約すると、「続編希望」、ということになるのかな。ちなみに神山監督自身、パンフのインタビューにおいて「「神」という大きなテーマを終えたあとだからこそ、やってみたいテーマ」があると語っていた。「水は低きに流れる」というモチーフは今回で一つの極地にたどり着いたので、また新しい切り口で勝負する神山監督が見てみたくなった。
 
 
P.S.
天使ちゃんマジ天使!……だったけど、喋ったら声は家弓家正榊原良子になりそう\(^o^)/

 
P.S.その2
今日見た劇場では本編が始まる前、ペプシネックスの以下のCMが流れた。

「すげええ本編よりも3DCG進歩してるぅうう手書きと見分けつかねぇええええ!!!」と唸ったのだが、帰ってきて再度見てみたらどうやらこのCMだけ手書きによる作画のようだった(他のCMは3DCG)。もしくは作画とCGのハイブリッドで作ってる?とにかく手書きアニメーターの意地を見た気がした。
↓こちらは3DCGで制作されたもの。よくできてはいるが、上のCMと並べると印象がまた別。内容の山なし落ちなし意味なしっぷりはどちらも凄い。

 
あと、最初に紹介したCMは、最後の「全員集合」がTV版『エヴァ』の「おめでとう」と神山版『009』ラストを足してペプシで割ったような絵面でなんだか面白かった。

のんだあとはリサイクル!(リ:サイボーグだけに)