スタドラウルトラ簡易感想

 新OPが鶴巻コンテと知り放送前から盛り上がりましたが、まあ正直に言えば前のOPのほうが好きです。歌も絵も。まあ前回のやつはやや特殊なOPだったのに対して今回のは王道的な感じだったので完全に好みの話ですが。今回のが悪いとかいう話ではなくて、今回も普通に格好良かったですけど。
 本編はというと前半は脱力系ギャグ路線を強調しつつ、タクトの存在がミズノ/マリノの関係のゆがみを微妙に浮き上がらせる所が目立ってました。後半はヱヴァ破のダミープラグと侵食タイプの使途を混ぜたようなコクピットにマリノが取り込まれ、これまたミズノとの関係に疑問符が出されてましたね。
 戦闘シーンの作画は凄かった。ただ尺が短いというか、足りてない印象は受けた。前々回みたいなカナコ様との戦闘を超作画で一瞬で終らす分にはかまわないんだけど、今回は少し文句言いたくなったな。登場バンク削ったのに尺が足りてないと感じてしまったのが原因かも。
 というか凄い個人的な話になりますが、ここ数日僕自身がとってもメンヘラってて、今日は全く銀河美少年テンションについていけなかった。タクトって結構ギャグが滑ってるアニメだと思うんだけど(滑ってる事自体は別に良いんですよ、テレビ版エヴァだってめっちゃ滑ってるし)、正直今日はもう全然だめ。腐女子ネタとか「ヤング、がんがん・・・!」とか普段なら苦笑いで楽しめるんだけど、今日は全くそんな気分じゃなかった。駄目だ、全てがネガティブに見えてくる。
 そもそもそんな状態でアニメ観るなよという話だが、そこはほら、大好きなスタドラだから頑張って観たんですってば。おかげさまで他のアニメ全く観れてねーですよ。ISだけたまたま観たけどマギカもメリーも何もかも放置です。これはまじでヤバイ。あ、録画はしてるんでいろいろ落ち着いたら観ますが。
 ただフラクタルだけはね、絶対にリアルタイムで観ますよ。あれはやばい。是非是非中身皆無でひたすら退屈でも宣伝にさえ力を入れれば覇権(笑)などと呼ばれるまでになる事が許される現状の空気を揺さぶって欲しいものです。いや、そういう作品の存在とか、それが好きな人を全否定しようってんじゃないけどね。別につまらないわけじゃないし。
 それとヤマカンブログの最新エントリーは素晴らしいですね→
というかもう、全文引用しちゃいますか。

「萌え」はロックであった
 
1974年の第一次アニメブーム以降長きに亘り「カウンターカルチャー」の怪気炎をあげていたはずのアニメ界は次第に、SF・ファンタジーなどを中心に、予備知識や教養など無しでは観られない、観ることを許してくれないある種の「スノビズム」に汚染されてしまった。
この固着化した空気を打破する新たな「カウンター」として登場したのが「萌え」という概念であった。
 
この変化は私が学生の頃。肌感覚で確かに憶えている。
20世紀も本当に終わりの頃だ。
 
言わば「萌え」が「ロック」だった、そんな時期があったのだ。
 
だが今はどうだろうか?
「萌え」という名の「動物化」されたファシズムが覆い尽くしてはいまいか。
時代の必然でもあるが、誰もが今その皮肉を噛みしめるべきではなかろうか。

もうね、素敵。存分に時代に逆行してもらいたい。フラクタルのPVも公開されましたが本当にテンション上がりまくりますわ。

 
 あ〜、しかしこんな不安定な精神状態で明日は成人式だと思うとますます嫌になってきます。いろいろタイミングが悪い。まあいいや、楽しんでこよう。レポートやテストの期限とかの事も一旦忘れよう。